共に歩んで

IMG_2819.JPG

明石市テニス協会

副会長  田中 勉 

 明石市テニス協会は、昭和47年9月1日に、「明石市庭球協会」の名称で発足致しました。ここに明石市テニス協会創立50周年という大きな節目を迎えられたこと大変嬉しく思います。

 市内における庭球の健全なる発展とスポーツ精神の高揚を期し、伏せて加盟団体相互の親睦を図ると共に庭球界に寄与することを目的として7団体の入会を得て、正式活動を開始しました。

 ひと口に50と言っても昭和・平成・令和と時代の変遷による大きなうねりの中で、明石市テニス協会 朝山幸雄会長はじめ協会設立時の先輩方のご尽力と加盟団体の皆様の大きなご支援があって、今日を迎えることができたとあらためて嬉しく思います。

 昭和48年4月には、明石市体育協会への亀井承認され各種行事を企画・実施したと聞き及んでいます。

 昭和48年10月に開催した第二回明石市テニス選手権大会では、昭和のテニスブームの影響もあって、350名もの参加となりました。また春に開催している明石市民大会では、事前に手配した光栄テニスコートだけでは、日程の消化が困難なため、参加チームのご協力で持ちコートを使用し実施したこともありました。

 昭和53年には、加盟団体の中でテニスを指導する立場の人を対象としたテニス指導者講習会を開催し、平成10年には、テニス技術研修会と名称を変更後も、恒例行事として毎年開催しています。

 そのほか、兵庫県都市対抗テニス大会(一般・シニア・ジュニア)にも選抜チームを毎年送り込み、テニスプレーヤーのレベル向上に積極的にも取り組んでいる処です。

​ また、高齢化社会に対応した明石市マスターズ大会や、将来を担うジュニア層の育成、強化のため明石市ジュニア大会も実施しています。

 ただ、ここ数年の状況を見ますと、各行事への参加者がやや減少方向にあるのは事実として受け止め反省材料として、今後の活動に活かさなければいけません。生涯楽しむことのできるライフスポーツとして定着させ、次への更なる発展のためにも、役員と明石市テニス協会加盟団体の皆様とが一丸となって、活動の充実を図る決意です。

 最後になりましたが、これまでご支援下さった関係者の方々に深く感謝すると共に、今後とも当協会へのご指導、ご鞭撻を心より宜しくお願い申し上げます。

 どうもありがとうございました。